家の中をきれいに掃除する方法はありますか?ポイントをつかめば毎日の掃除もラクラクです!

家の中がきれいに掃除されていると健康に良いだけでなく心も癒されますよね。ゴミがいっぱいでほこりだらけの部屋ではゆっくりとくつろげないだけでなく何となく家には帰りたくなくなくなります。しかし、毎日きっちりと掃除をするのは面倒でなんだか体が動かない!なんてこともよくあります。

お掃除と言っても日々の片づけから大掃除まで、掃除をし始めたら永遠に終わらないものです。そんな時にちょっとしたポインをつかむだけで毎日の掃除が簡単になり清潔な家を保つことが出来るのです。

1.掃除をする日や場所を決める
お掃除はため込んでから一気に掃除をするのにはとても大変です。毎日少しずつすることで部屋を清潔に保つばかりでなく年末などの大掃除も何日もかけて行うなんて事もしなくて簡単に済ますことが出来るのです。可燃ごみや不燃ごみなどゴミを出すときは日や時間が決まっているように、掃除する日や場所を決めるといいかもしれません。例えば月曜日には家中の部屋に掃除機をかけて、火曜日には床や棚の上の拭き掃除をする。水曜日には洗面台やトイレ掃除・・・などです。この一連の掃除を一度にすると大概は途中で嫌になってしまって掃除自体がキライになってしまうのです。

2.後回しにするのではなく、ついでにやってしまう
お風呂掃除や玄関まわりの掃除などはつい後でいいかな~などと言って後回しになりがちです。しかし、後回しにせずに何かをした後に連動してする様にすると忘れることもなくあとからする面倒も省くことが出来るのです。お風呂に入った後にそのままお風呂の掃除も一緒にやってしまったり、ゴミを出した後はそのまま玄関の掃除をすると決めておくとわざわざする必要もなくなります。あとでじゃなくてついでに掃除してあげる癖をつけてしまえば掃除をしているという意識も無くなってくるのです。寝溜め、食い溜めができない様に、掃除も溜めてあとですることは難しいのです。毎日少しずつでも習慣づけることが大切なのです。