ミニマリストの女性は服を何着程度持っているのでしょうか?

一般的な社会人女性の場合には、平均1人で126着程度持っているとされています。

1つのシーズンに直せば32着程度となるので、衣替えを年2回行う場合ならば一度に63着を入れ替えている計算です。

一見すると多いように思われますが、冬場は上着だけでも3枚程度着ることになるので意外に多いわけではありません。

一方、ミニマリストの女性は服を20着程度保有していて、普段は15着程度を着回している計算です。

では、なぜ20着程度の服でコーディネートしながら生活できるのでしょうか。

ミニマリストは必要最低限の服で済ませてしまうと考えがちですが、実は自分の好きな服を厳選しているだけであって、年間通して着られる服を選んでいます。

実際に夏場にしか着られない服は意外に少なく、逆に真冬にしか着用しないコートやフリースといった服を最低限に抑えていることが分かります。

このため、年間を通して着回ししている服が15着程度となっていて、残り5着は冬場限定の厚手かつ防寒重視と考えられるわけです。

また、ミニマリストの女性は最新の流行を追うことはせず、ベーシックな色合いでコットンやウールといった天然素材のみを選ぶ傾向にあります。

なぜなら、コットンは保温性がありながら吸湿性もある点がオールシーズン着回しできる点で優れているからです。

さらに、ウールにはサマーウールと呼ばれる通気性重視の素材があり、コットン同様に着回し次第では通年着用が可能と考えられます。

ミニマリストの女性は服選びを行う際に、素材までしっかり吟味した上で衝動買いをせずに自分のお気に入りかつ納得した服のみを厳選していることが分かります。

タイトルとURLをコピーしました