デブでも似合う服ってどんな服?工夫の仕方は?

全身をすっぽり覆うワンピース

ぽっちゃりがぽっちゃりだと感じさせる理由は、洋服の種類によって体のラインがくっきりみえて太って見えることが挙げられます。

ですから体のラインがわかりにくいワンピースはオススメです。

Aラインはウエストラインがわかりやすいですし、タイトスカートの物は避けて、丈の長いものを選べば足の太さまで隠せることになります。

ワンピース自体はかわいいデザインの物も多く、おしゃれはワンピースのデザインに任せてしまいます。

体のラインがでない洋服のデザイン

少し前に流行していたガウチョパンツは、スキニーパンツより最初から体のラインは出ません。

タイトなTシャツより、チュニックの方が体のラインはわかりにくいですし、最初から洋服の種類を体のラインが出ないものを選びます。

洋服のデザインでごまかせることになり、実は太っていた痩せていたと後から気づくことになります。

アクセサリーで視点をずらす

ウエストラインがなかったり、全体的に重苦しい印象になりがちな太っている体型ですが、アクセサリーをつけることで抑揚をつけたり視線をずらすことは可能です。

長めのストラップのネックレスをつけたり、大きめのイヤリングをつけることで、洋服から視線をずらすことができます。

縦長に見せる印象に変えたいので、ストールやマフラーでより直線的なイメージを出すことも可能です。

丈の長さや鎖骨の部分、腕の見せ方など肌の見える部分に工夫を

ぽっちゃりの人は、肌を見せる部分に工夫することで、着やせさせる効果を出せることがあります。

ぽっちゃりといっても全身全部太いとは限りませんし、鎖骨だけくっきり出ているようならその部分だけ出してみたり、足だけは意外と細かったら足をだすデザインの服にするなど見える部分の工夫で太っていると思わせないことも可能です。

全部を隠し過ぎてしまうと、もっと太って見えますので、肌の見える部分に工夫することで変化は付けることができます。

タイトルとURLをコピーしました