偏見世代よさらば!今はネットで積極的にパパ活する時代!

偏見世代よさらば!今はネットで積極的にパパ活する時代!

需要過多

出会い系サイトというのは、ひと昔前までは、たくさんの男性と、少数の女性が利用するものでした。

出会い系サイトというのは男性と女性が揃って初めて成立するものですから、もちろん、それら出会い系サイトは、男性だけのために開設されたものではありませんし、「出会い系は、男が使うイメージ」というのも厳密にいえば間違っています。

ですが、女性というのは、周りの男性でじゅうぶん満足できるため、ネットを使うまでもなかったのは事実ですね。

それに、ネットを使った出会いなんて不健全だ、という偏見が、つい最近までありました。

もしかしたら一部の古い人の中にその考えは今も根付いているかもしれません。


そのせいでなおのこと女性は出会い系サイトに寄り付かなかったのです。

それが、ひと昔前までの出会い系サイトの、男8割、女2割のような男女比を生んでいました。

供給量が少なすぎて、出会い系サイトは、男性にとって「出会えないのにお金ばかり取られるもの」、「ひとりの女性と会うのに身を削るような努力が必要であるもの」だったのです。

それが少しずつ改善され、今では男女比がほぼ均等であるサイトは多いです。

中には嘘をついているサイトもあるでしょうが、昔よりも間違いなく、女性ユーザーが増えてきたことは確かです。

時代の変遷と共に、人々の考え方が変わりつつあるのです。

偏見世代よさらば

そもそも、インターネットで異性を探すというのは、何か悪いことなのでしょうか?

ネットの出会いは不健全だ、と言ってやまない人たちに、「ではどこがどう不健全で、どう悪いのか?」と訊いても、「不健全なものは不健全だ」というような、偏見に毒された考えが言葉となって出てくるばかりで、そこになんら論理的根拠は在りません。

まるで小学生ですね。

たまにまともな意見が返ってきても、たとえば「ネットを介した出会いには危険が付き物。事実重大な事件だって起きている」とか、その程度です。

いやいや、その理論でいくと、リアルのほうがもっと不健全ということになるんですけどね。

ネットを介さない重大事件のほうが、世の中には多いはずですが。

結局、リアルだろうと、ネットだろうと、問題はそこに「悪人」が介入するかどうかで、リアルだからいい、ネットだから悪い、というようなことはいっさい存在しないのです。

ネットの出会いを否定する人は、時代の変遷についていけない、置いてけぼりにされている自分を、正当化しているに過ぎないのです。

女性が増えてきた

しかし、こういう古臭くて駄目駄目な子供っぽーい考えも、徐々に社会からフェードアウトしつつあります。

出会い系サイトを使っていた、前時代の若い世代が、社会における中堅くらいの年齢になって、今の若い人から見れば会社の上司や先輩などに、それらネットでの出会いに理解を示す人が増えてきたのです。

上が抑圧しなければ、下は自由に動きます。

世代が変わりつつあるために、出会い系サイトへの偏見も薄れつつあるのです。

それが、現在の出会い系サイトの男女比に繋がっています。

昔は、そういった偏見からか、インターネットには「肉体関係を前提とした出会い」しかないように思われていました。

ネットなんてロクなものではない=セックスするのが目的だからだ、という思考です。

しかし実際は、もちろん、肉体関係を希望する人もいますが、純粋に恋人や結婚相手を探している人もいます。

偏見が薄れたことで情報が世間一般に広まり始め、それを目にする機会も多くなったため、純粋な出会いを所望する人々もいるという事実が普段インターネットを使わない人々にも知れてきたのです。

そのおかげで、「じゃあ私も使ってみようかな」、「真剣に相手を探すならリアルだけでなく、ネットも使ったほうがいいかな」と考える女性が増えてきたのです。

そんなわけで、最近の出会い系サイトは、男女比5:5というところが多いのです。

このように、出会い系サイトには確実に女性は存在しますし、何も肉体関係を望む出会いだけが横行しているというわけでもないのです。

偏見の目に晒されていた時代よりも、今はずっと出会いやすくなっているはず。

出会い系サイトを使って、自由に恋愛し、素敵な異性を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました