ママ活は年齢が若いほど需要が高いって本当ですか?

ママ活は年齢が若いほど需要が高いって本当ですか?

ママ活をしたいけど、自分の年齢でママを見つけられるか不安。

このように、年齢がネックでママ活を始められない人も多いですよね。

果たして、ママ活で需要が高い年代はどれなのか、そして、本当に年齢が高いほどママは見つけにくいのでしょうか?

ママ活では若ければ若いほど需要が高い

まず最初に言っておきたいのが、ママ活には年齢制限はなく、やろうと思えば40代以降もできるという事です。

ただし、需要という面では別。

ママ活で需要が高いのは、やはり20~30代の若い層になります。

将来の夢の為に頑張る男性を支援したい、という思いがママの根本にあります。

なので、既に年齢がいっていて世の酸いも甘いも知っている男性よりも、若くキラキラしている「未来ある若者」を好む傾向にあるんですね。

極端な話、イケメンな40代男性と20代のフツメン男子、どちらを選ぶかと聞かれて後者を選ぶのがママです。

ただ、若いのが好きと言っても、さすがに未成年の需要は高くはありません。

10代を好むママはいても未成年は皆避けるので、若すぎるのが必ずしも有利になるわけではないですね。

ママはどんな年代でも需要がある

逆にママ側で需要が高いのはどの年代になるのか。

ハッキリ言って、どの年代でも一定の需要があると言えますね。

正直な話、ママ活をする男性が一番重視するのは、ママの金銭的事情です。

お金持ちかどうかが一番重要であって、年齢が若いとか、見た目が好みかなんてのは二の次なんですね。

勿論、若くてイケメンな男性ならママを選り取り見取りなので、ママに見た目や年齢を求める事もありますが、大抵の男性はママに選ばれる側であって選ぶだけの余裕はないです。

なので、お金さえあれば需要があるので、ママになるのに年齢はハードルにはならないんですね。

ママ活では若ければ若いほど需要も高く、稼げるのが現状です。

ただし、30代以降の男性にも需要がないわけではありません。

まずは見た目を良くして話術も身につけて、ママが好むように努力しましょう。

そうして準備をしておけば、年齢が高めでもいつかママが選んでくれるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました