礼儀正しいクールなメールでパパ活サイトを制する!

礼儀正しいクールなメールでパパ活サイトを制する!

セックスだけならメールが大事?

出会い系サイトで女の子と会うのにいちばん大事なこととはなんでしょう?

ルックスでしょうか?お金持ちであるかどうかでしょうか?

もちろん、そのどちらも大事ですが、それにしても「メール」が下手だと女の子にはモテません。

出会い系サイトには、真剣な出会いももちろんありますが、セックスすることだけが目的の出会いもあります。

恋人を募集するとなると、それなりに、相手に求めるものも多くなります。

結婚を考えていたらなおさらです。容姿、性格、年収、趣味、職種、勤務先等々、あらゆる面で男性は査定されます。

しかし、セックスをするのが目的の出会いとなれば別。

付き合うつもりはないわけですから、その日いちにちだけ楽しめればいいのです。

ほがらかな性格で、その日のデートを楽しいものにできるだけのお金を持ち合わせていれば、どんな人だって女の子と会うことができます。

すなわち、サイト内でのメールをうまくこなせば、誰だって、どんな人だって、女の子と会えるということです。

逆に言えば、いかにイケメンであろうとも、メールが気色悪ければ女の子とは会えないということですね。

それでは、実際に女の子にモテるメールとは、いったいどのようなものなのでしょう。

礼儀正しいメールを

メールに大事なのは礼儀正しさです。

特にファーストメール、これには注意したい。

なぜなら、初めの一通というのは、リアルでいう初対面。

そこできちんとした挨拶、自己紹介ができなければ、常識のない人だと思われてしまいます。

誰だって、そんな礼儀も知らないような人とは仲良くしたくはないものです。

そういうわけで、ファーストメールは、まず第一に必ず敬語を使うこと。

そして次に、ちゃんと挨拶と、しっかりとした自己紹介をすること。これが大事です。

「こんにちは」から始まり、あなた(相手の女の子)を見つけた経緯、メールしようと思った動機を述べ、さらに簡単な自己紹介を付け加えます。

ここで、あまり長々と自分語りはしないこと。

自分の話ばかりする人というのもまた、モテないものです。

自己紹介は、さっぱり二、三文で済ませるのが理想です。

自分の趣味や、出会い系を使いはじめたきっかけなど、当たり障りないことを、簡潔にまとめましょう。

「読書が好きで、休みの日は本ばっかり読んでます。さすがにこのままでは毎日が味気ないな、と思ってここに登録しました。よければ仲良くしてください!」

この程度でOKです。

嘘も方便?

また、何もすべて正直に語る必要はありません。

女の子と会うには、時には嘘も必要です。

ですから、この自己紹介の部分では、女の子が興味を抱きそうなことを自分の趣味として語ったり、出会い系を使いはじめたきっかけをその子と同じものにしてみたり、と、とにかく相手が返信しやすいようなことを話題にするよう、心がけてください。

それがわかっていたら苦労しない・・・という方、メールを送るとき、女の子のプロフィールや自己紹介文を、最後まできっちり読んでいますか?

趣味や特技の項目にも目を通していますか?

ヤケになるのは、努力してからでも遅くありません。

メールをするときは、女の子のプロフィールを熟読して、しっかり準備を整えておきましょう。

嘘をつく場合には、突っ込んだ質問を受けても大丈夫なように、あらかじめ調べ物をしておく必要もあるでしょうね。

それをしていないのに、「会えない」だなんて。

だめだめ、世の中はそんなに甘くはありませんよ。

当たり前のことができる=モテる、が出会い系サイト

プロフィールを読み込んでからメールする、実はこれ、ほとんどの男性ができていないことなのです。

それができているというだけで、女の子の中でその人の評価はアップします。

もちろん、それだけで必ず会えるわけではないのですが、できているのとできていないのとでは、結果は全然違ってきます。

あとは、当たり前のことですが、不自然でない日本語を使うこと。これも大事です。

文章があまりにおかしいと、どうしても頭が悪そうに見えてしまいます。

いかにもクールな感じの人と、教養のなさそうな人、どちらかを選べと言われたら、ほとんどの人は前者を選ぶはずです。

自信がなければ、本を読むことをおすすめします。そこでうまいジョークなんかも学べれば一石二鳥ですね。

出会い系サイトで女の子をゲットするというのは、これほどの努力を要することなのです。

決して楽をしようとは思わずに、根気よく続けていれば、いつか、必ずや出会いはめぐってきます。諦めずにがんばりましょう。

タイトルとURLをコピーしました