ルーン占いとはどんな占いで何を占えるのか

ルーン占いとはどんな占いで何を占えるのか

ルーン占いのやり方

ルーン占いとは、24種類もしくは25種類のルーン文字が刻まれた石や木片、もしくはカードを使って行う占星術です。

石や木片を使う場合、ばら撒いて石の散らばり方や裏表などの形で占っていくこともあれば、袋から一つずつ取り出した石を決められた場所に配置し占っていく方法もあります。

カードを使ったルーン占いの場合は、タロット占いのように決まった場所にカードを並べ、今後の運勢を読み解いていく形となります。

ルーン占いの歴史

ルーン占いの起源は、紀元前100~200年ごろの古代北欧までさかのぼります。

当時のゲルマン人が使っていたルーン文字には、1つずつそれぞれパワーが秘められており、その文字の導きで未来を占うようになったのがルーン占いの始まりです。

重要となるのはパワーが秘められたルーン文字のため、石や木片、カードなど様々な形での占いが行われています。

日本では、名前は知っていても詳しいことは知らないという人も多いルーン占いですが、ヨーロッパではメジャーな占いの一つです。

ルーン占いでは何が占える?

ルーン占いでは、恋愛運や仕事運、今後の運勢など様々なことを占うことができます。

その理由は、ルーン占いが近い将来に起きることや、今後の運勢を予測していく占術だからです。

悩みの原因となるのは、今後運勢がどう転んでいくか予測できないためです。

ルーン占いを活用して、今後のことを占えば、同立ち回りをしていけば良いか知ることができます。

そのため、現在の悩みを解消するために占いを利用したいけれど、どの占術を選べば良いか分からない時は、ルーン占いを選んでおくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました