複数のパパ活サイトを使って、選択肢の幅を広げ、本当に好きな人を見つけよう!

複数のパパ活サイトを使って、選択肢の幅を広げ、本当に好きな人を見つけよう!

無関心時代

恋愛というものを、相手と出会って、恋に落ちて、付き合って、というふうに、リアル本位で考えている方、時代遅れです。

今は出会い系サイトを使って恋人を探す時代なんですよ。

道を歩いていればわかります。

現代の人々が、どれだけ他人に無関心か。

面倒なことを避けたいという人もいるでしょうし、すべてを自分本位で考える自己中心的な、自己愛の強い人もいるでしょう。

理由は様々ですがとにかく現代人は他人に無関心。

ひと昔前ならあったかもしれない、街角でのロマンスも、今じゃドラマや小説の中だけの話。

現代の人々は、自分の生活する範囲、主に職場ですね、その中から妥協して相手を選ばなければならないのです。

そこに本来あるべきはずの恋愛の自由はありません。

それは品揃えの悪い宝石店のようなもの。

そこの商品の中から、いちばん綺麗かな、マシかな、というものを見つけて、お金(リスク)を支払い、身に付けなければならないのです。

あとは、買ってしまったものはしょうがない、というふうに、その宝石を捨てられなかったり、安価な宝石を新たに買って気休めに使ったりします。

これがリアルを本位に考える人の末路です。

また、出会いのある学生のうちも、出会い系サイトに使い慣れておくことをおすすめします。

社会に出れば、必然的に出会いは減少しますから。

そのときに、出会い系サイトをうまく活用できるかどうか、というのは人生が充実するかどうかの大きな分岐点となるのです。

古い考えは捨てる

これまで、出会い系サイトというのは偏見の目に晒されてきました。

ネットでの出会いは不健全とされ、ネットで出会ったというだけで、それが純粋な恋愛だったとしても陰口を叩かれたり、結婚するときに相手方、もしくは自分の両親に心配されたりしました。

ですが、そんな考えはもう古い。

悪しき「しきたり」のあるような閉鎖的な村に住んで、それを変えようともしないのでは、周りの村に取り残され、孤立してしまいます。

最後には、時代錯誤と馬鹿にされてしまうのです。

それを避けるためには、まず考えを変えること。

昔であればよかったのかもしれませんが、前述したように今は「無関心の」時代。

リアルでの出会いに固執していたのでは、結局独身貴族か、妥協して結婚するかのどちらかです。

出会いは「やってくるもの」と思われがちですが、今の時代、出会いは「能動的に探しにいくもの」です。人は人に関心がありません。

「いつか素敵な人が現れるはず」のようなシンデレラ・コンプレックス的な考えを持ったままでいると、本当に、死ぬまでひとり、なんてことになりかねません。

それですから、まずは出会い系サイトへの偏見を捨て、それを使う自分を許してやることが大切です。

人は妥協し、選択する

生き物リアルでの「出会い」というのは、「顔を合わす」ことから始まります。

一目惚れする人もいるでしょうし、何度か会ううちに相手を好きになるという人もいるでしょう。

しかし、その「基準」というものを、みなさんは疑って見たことがおありでしょうか。

周りに自分に見合った人がいないために、その中でもいちばんマシと思える人を無理やり好きになってはいませんか?

これは意識的なものではなく、無意識的に働く心理。

このへんで妥協しておかないと、死ぬまでひとりになってしまうかもしれない。人は無意識にそう考えるものなのです。

はっきり言ってしまいますと、このように妥協して得た恋人とはうまくいきません。

初めのうちはいいかもしれませんが、数年一緒にいるうちに、相手に飽きてしまいます。

どうして自分はこの人と付き合ったんだろう、結婚したんだろう、となりかねません。

選択肢の幅を広げよう

しかし、出会い系サイトには、それはそれはいろんなタイプの男女が登録しています。

選択の幅は広く、本当に自分好みの異性を見つけることができます。

リアルと出会い系で何が違うかといえば、外見から始まるか、文章(メールのやりとり)から始まるか、そこだけです。

要するにきっかけが異なるというだけで、その後の経過はすべて同じ。恥ずべきことなど何もないのです。

他人にとやかく言われる筋合いもありません。

だったら、選択肢の少ないリアルだけで相手を探すより、出会い系サイトを使ってその選択肢の幅をより広げたほうが、人生は充実するというもの。

もし馬鹿にされたら、こう言ってやればいいのです。

「じゃあ出会い系を使った出会いは何が悪くて、どう不健全なのか?」と。

「お前は過去に取り残された時代錯誤人間だ」と。

なぁに、出会い系を馬鹿にしている人たちというのは、その根拠はすべて偏見にありますから、どう返してこようが、「それってリアルでも同じだよね」で論破できます。

というわけで、あなたも、出会い系サイトを使って素敵な相手を見つけましょう!

タイトルとURLをコピーしました