ママ活をしていて訴えられることはあるのでしょうか?

ママ活をしていて訴えられることはあるのでしょうか?

ママ活は危険な行為、リスクがある行為であるという認識を持っている人もいるかもしれません。

確かにママ活を通じたトラブルはいろいろなものが報告されており、中には訴えられたという声も聞きます。

例えば、ママ活をしている男性の側が訴えられるケースがありえるので、そこに関して詳しく知っておいた方が良いです。

ママ活をしている男性が訴えられる理由

ママ活をしている男性の側が訴えられるケースはどんなものか?というと、不倫の問題が大きいです。

ママ活では肉体関係が伴う場合がありますが、相手の女性が既婚者だった場合には、その夫が男性を訴えるケースが考えられます。

夫からすれば、妻の不倫相手の男性に対して怒りがあるでしょうから、訴えるという行動に出る可能性は十分にあるでしょう。

ただ、訴えられても裁判で不倫それ自体が認められるとは限りませんが。

不倫があった事実が裁判で認められたら慰謝料を請求される可能性がある

不倫に関する裁判では、不倫があった事実を訴えた側が証明しないといけないので、絶対に不倫が認められるとは言えません。

ただ、相手の女性が既婚者で、男性側がそれを知っていた、または知ることが容易な状況だった、そのうえ本当に肉体関係を持ったときには、不倫の事実が認められて慰謝料請求などの問題に発展する可能性があります。

だから、ママ活をする際には、相手が既婚者でないことの確認は重要ですし、肉体関係はできるだけ控えた方が無難でしょう。

単に付き合っているだけで、肉体関係がないならば、不倫に該当する可能性は基本的にありませんから。

ただ、もちろん男性側が既婚者の場合にも、同様に不倫の問題はつきまとうので、そこも注意した方が良いです。

タイトルとURLをコピーしました